インターネットとビデオの有効活用を目指して
株式会社Atomic-pvトップページへ
menu
menu
会社概要
映像とマーケティング
プロモーションビデオ制作
インターネット動画配信用にビデオ制作
インターネット動画配信サンプル
制作実績
メールマガジン
ブログ
コラム
赤外の大地-赤外線フィルムによる風景写真-
メンバー
ビデオショップフーガ
spacer Atomic-pv.jp

株式会社アトミックPV

お電話でのお問合わせ
TEL:03-5761-8810
電話受付時間:9時〜18時
(土曜日、日曜日、祝日を除く)

メールでのお問合わせ
otoiawase@atomic-pv.com




インターネット動画配信サンプル
ストリーミング
Flash Video (flv)
プロから学ぶ!動画配信セミナー(動画マーケティングの習得)
売れる!『動画』セミナー(集客に効果絶大の動画撮影・編集)
売れる!動画コンサルティング
売れる!動画編集代行サービス

Flash Video(flv)動画(ビデオ)配信について

Flashでビデオ配信するために、Flash Videoの種類と基本的な配信方法について説明します。

Flash Videoには、ファイルの種類によって以下の2種類があります。

  • swfファイル』: Flashのタイムライン上にビデオデータを直接読み込んで、最終的に1つのファイルとして書き出したファイル。これを通称「埋め込みビデオ」など言います。
  • flvファイル』: Flash専用の形式でエンコードされたビデオファイル。

特に、『flvファイル』はFlash Player単体では再生できません。
『flvファイル』を再生するには、必ず『flvファイル』を制御する『swfファイル』が必要になります。

つまり、『swfファイル』から外部ファイルとして『flvファイル』読み込んで再生するのです。

※flvファイル単体を再生するプレイヤーもあります。
詳細はflvファイルを再生するプレイヤーを参照ください。

そして、『flvファイル』にはビデオデータしか含まれていません。
ビデオをコントロールする場合は、『swfファイル』に記述されたAction Scriptで行うことになります。

ということは、Action Scriptの知識が必要?ということになるのですがFlash Professional 8からは、ビデオコントロールのテンプレートがありますので便利になっています。
(別途、再生用の『swfファイル』を作成する必要がなくなりました)
詳しくは、再生用のswfファイルを作成するを参照ください。

次に、配信環境について
  • WEBサーバーからダウンロードさせて動画配信する方法
  • Macromedia Flash Media Server(FMS)を使用してストリーミング配信する方法
があります。

Flash Videoのファイル形式によっても配信方法が異なりますので、これから配信環境について説明します。


配信環境

【WEBサーバーを利用した「埋め込みビデオ」の場合】

■概要
クライアントが、ビデオデータを埋め込んだswfファイルにアクセスすると、そのswfファイルはクライアントのパソコンにダウンロードされ、ダウンロード後に再生を開始する。
swfファイルはキャッシュに残ります。


■メリット
  • Flashのタイムライン上で、1フレームずつビデオの映像を確認しながらビデオの演出ができる
  • Flashから「ムービーの書き出し」を行えば、簡単に埋め込みファイル(ビデオデータが埋め込まれたswfファイル)を作成することができる
  • swfファイル単体で、簡単にビデオを再生することができる
  • WEBサーバーだけで手軽に配信できる
■デメリット
  • ダウンロードが100%完了してから再生するため、ファイルサイズが大きいと表示に時間がかかる
  • ダウンロードしたデータをすべてメモリに読み込んでから再生することになるので、長時間の動画には向かない
  • ライブ中継ができない
  • クライアントのキャッシュにファイルが残ってしまうため、ファイルの二次利用や改ざんなどの恐れがある
  • ビデオの連続再生が約120秒以上続くと、映像とオーディオとの同期に問題が発生することがある
  • swfファイル(ビデオの長さ)は、最大1万6,000フレームに制限される
  • ビデオのフレームレートは、ベースとなるFlashタイムラインのフレームレートと同じにする必要がある
  • 埋め込みビデオを外部ファイルとして読み込む場合は、ベースとなるswfファイルのフレームレートに影響されるので注意が必要

■対応バージョン
FlashPlayer6以降


■適した用途
  • 上映時間の短いビデオクリップや(動画の入った)バナーなどの配信
  • 長編ビデオのサンプルや、予告編ダイジェストの配信、アニメーションのアクセントなど


【WEBサーバーを利用した「プログレッシブダウンロード形式」の場合】

■概要
クラアントが、WEBサーバー上のswfファイルにアクセスすると、そのswfファイルは、WEBサーバー上にある外部flvファイルを呼び出し、flvファイルをダウンロードしながらswfファイル上で再生します。swfファイルとflvファイルは、ともにクラアントのパソコンにキャッシュとして残ります。


■メリット
  • ダウンロードしながら再生するため、長時間の動画配信も可能
  • flvファイルには、ファイルサイズやフレーム数、再生時間などの制限はないため、長時間のビデオも扱うことができる
  • flvファイルは独自のフレームレートでビデオを再生するため、いかなるswfファイルから呼び出されても、ベースとなるswfファイルのフレームレートの影響を受けない
  • キャッシュメモリを使用して再生されるため、埋め込み型よりも少ないメモリ量で効率的に再生できる
  • YouTubeのような視聴者投稿型のビデオポータルサイトを利用すれば、Flash Videoのエンコードやプレーヤインターフェイス(swf)の作成、サーバの調達が不要
  • swfファイルにflvファイルの時間情報を入れておけば、“何分何秒後にどのスクリーンを表示させる”といったように、フレーム単位ではなく、ビデオの時間軸をもとにコントロールすることも可能
■デメリット
  • flvファイルのURLや再生を制御するためのActionScriptが記述されたswfファイルがないとビデオは再生されず、flvファイル単体では再生できない
  • ダウンロードが完了していないシーンヘの早送りができない
  • YouTubeなどの視聴者投稿型のビデオポータルサイトは、ビデオ品質をそれはど期待できない(ビデオ品質にこだわるのであれば、自分でエンコードするか業者にエンコードを発注してストリーミンク配信した方がよい)
  • クライアントのキャッシュにファイルが残ってしまうため、二次利用や改ざんなどの恐れがある

■対応バージョン
FlashPlayer7以降


■適した用途
  • インターネット番組、プロモーションビデオ、動画アルバムなど、ビデオがメインとなるコンテンツの配信
  • 資料と連動したプレゼンテーションやEラーニングなど
  • 長時間ビデオの再生


【Macromedia Flash Media Serverを利用した「ストリーミング配信」の場合】

■概要
クラアントが、WEBサーバー上のswfファイルにアクセスすると、そのswfファイルはFlash Media Serverに接続して、Flash Media Serverにある外部flvファイルを呼び出し、swfファイル上でビデオをストリーミンク再生する。
swfファイルはクラアントのパソコンにキャッシュとして残るが、flvファイルは残らない。


■メリット
  • ストリーミンク配信なので、ユーザーの空きディスク容量を気にせず、大容量の長時間ビデオを配信できる
  • webブラウザのキャッシュメモリにflvファイルが残らないため、ダウンロード型に比べて二次利用や改ざんがされにくい
  • セミナーやコンサートなどの映像をリアルタイムにライブ中継できる
  • Flash Playerのバッファサイズを指定できるため、再生開始までにかかる時間をある程度コントロールできる
  • サーバサイドスクリプトが利用できるため、クライアントの動作・環境に適した応答を返すことができる(たとえば、クライアントの接続環境に合わせてコンテンツを配信するなど)
■デメリット
  • ストリーミングサーバは、WEBサーバーよりも高価な上、運用ノウハウが必要とされる(ホスティングサービスを利用するという方法もある)

■対応バージョン
FlashPlayer6以降


■適した用途
  • インターネット番組、プロモーションビデオ、動画アルバムなど、ビデオがメインとなるコンテンツの配信
  • 資料と連動したプレゼンテーションやEラーニングなど
  • イベントやセミナー会場からのライブ中継
  • チャットと連動したリアルタイムビデオ配信
  • 長時間ビデオの再生

注意点(Flash Playerバージョン・Macromedia Flash Media Server・WindowsMediaとの比較)
■Flash Playerバージョン
  • Sorenson Sparkコーデックは、Flash Player6以降対応
    (プログレッシブダウンロード形式はFlash Player7以降対応)
  • On2 VP6コーデックは、Flash Player8以降対応


  • swfテスト16MB版別ウィンドウで表示
  • swfテスト31MB版別ウィンドウで表示

■Macromedia Flash Media Server
  • Flash Media Server2は、従来のFlash Communication Serverと異なり、帯域容量の制限がない

■FlashVideo・WindowsMediaとの比較
  Flash Video Windows Media
視聴環境(OS・ブラウザ) Flash Player正常動作ならOK Macなど視聴できないことがある
DRM(デジタル著作権管理) RTMPE 対応 Windows Media DRM 対応
大規模動画配信 サーバ料金(ライセンス費用)割高 (比較的)配信費用安価
長時間動画配信 △(2008年時点で実績があまりない)
インタラクティブ性
メタファイル Adobe Media Player ではSMIL Swfファイルがメタファイルと同じような役割を担う場合がある asxファイル
再生プレイヤー入手方法 サイトからダウンロード(無料) サイトからダウンロード(無料)

再生用のswfファイルを作成する

(1) flvファイルを用意します 。

(2)Flash Professional 8の[ファイル]−[読み込み]−[ビデオの読み込み]を選択し
「ビデオの読み込み」ウインドウを開くきます。

Flashビデオ読み込みウィンドウ
(3)読み込みたいflvファイルを選択します。

※すでにサーバにアップされているファイルも指定できます。

Flash配信方法を選択
(4)配信方法を選択します。


(5)スキンを選択します。
Flash Professional 8には、あらかじめスキンが用意されているため、コントローラをデザイン・作成しなくとも、ここで選択するだけでプレーヤーとして組み込むことが可能です。

(6)読み込み完了後、[制御]−[ムービープレビュー]で、ビデオを確認できます。

flvファイル単体を再生するプレイヤー

フリーソフトで、flvファイルを単体で再生するプレイヤーがあります。

いくつかある中で、一つご紹介します。
FLVPlayer


以上
このページの情報は「WebDesigning2005年3月号」「WebDesigning2006年9月号」 の内容を引用・参照して書いています。さらに詳しい情報を知りたい方は上記書籍を参照してください。

その他のPlayer でのストリーミング

※Windows Media 9 の場合、MacではOSXからの対応となります。

Windows Mediaのサンプルストリーミングコンテンツはこちら
Realのサンプルストリーミングコンテンツはこちら
QuickTimeのサンプルストリーミングコンテンツはこちら

 
 
 
 
 
 
 
footer_line
                           Copyright Atomic-pv. All rights reserved.  免責事項  特定商取引法に基づく表示
お問い合わせはこちら リンク サイトマップ