インターネットとビデオの有効活用を目指して
株式会社Atomic-pvトップページへ
menu
menu
会社概要
映像とマーケティング
プロモーションビデオ制作
インターネット動画配信用にビデオ制作
インターネット動画配信サンプル
制作実績
メールマガジン
ブログ
コラム
赤外の大地-赤外線フィルムによる風景写真-
メンバー
ビデオショップフーガ
spacer Atomic-pv.jp

株式会社アトミックPV

お電話でのお問合わせ
TEL:03-5761-8810
電話受付時間:9時〜18時
(土曜日、日曜日、祝日を除く)

メールでのお問合わせ
otoiawase@atomic-pv.com




トップ > 映像とマーケティング
映像とマーケティング
マーケティングを利用して効果的に広告活動を行う

大前提、マーケティングについて

  • マーケティング ( 売り方や売れるしくみを考えること)
  • マーケティング・リサーチ (市場調査、市場分析)

企業にコンサルティングでおうかがいした時「やっと我が社でもマーケティングに乗り出した」と、ある会社社長が語るので、しばらく話を聞いていると、どうやらそれは消費者調査を意味しているらしいことが判ってきたのです。

確かに、マーケティングは消費者調査として、営業活動として、又は広告宣伝活動として捉えられることが多いのですが、 これらはマーケティングの一領域でしかなくマーケティングの本質を適切に捉えていないのです。

マーケティング ( 売り方や売れるしくみを考えること)

マーケティングはもっと『全体的な取り組み』なのです。

上の図が良くマーケティングで使われる
『マーケティングにおける4P』といわれるものです。

製品(Product)
流通(Place)
価格(Price)
プロモーション(Promotion)

これら全体を検討していかなければなりません。

そして
プロモーション(Promotion)、この部分に項目が追加されていますが

現在の情報化社会では、このプロモーション(Promotion)が非常に重要になってきています。

商品はよさそうに見えないと売れない

現在、世の中にあらゆる製品やサービスが溢れています。

これだけ商品の選択肢が氾濫してくると、
ニーズに適した製品やサービスを生産・販売する仕組みを作っても競争優位にならないのです。

もう一歩踏み込んで顧客にとって明確な価値を生み出し、その生み出した価値を顧客に伝え、説明・説得しなければなりません。

この、価値の説明・説得(プロモーション)が重要になるのです。
そしてこれらは、主に広告コミュニケーション機能によって実現されます。

マーケティングというのは、世の中のニーズをキャッチして『こんないい商品』を開発し、さらに『売り方や売れるしくみ』を考えプロモーションしていくことなんですね。

そして、広告なのですが『できるだけよさそうに見せることが大切』なのです。

『最初にお客様が商品を買うときは、まだ商品を使っていない』という状態ですね。

どんなによい商品でも、よさそうに見えなければ誰も試そうとは思いません。

(もちろん、一度使ってみてガッカリするようだと信用はなくなりますし、リピートも望めませんから、よさそうに見えるだけではダメなのは、当たり前ですよね)

商品やサービスに対する期待感は、過去の購入経験、友人・知人の意見(クチコミ)、そして広告や販売員などから得た 情報によって形成されます。

お客様の満足度は

  • お客様に知覚された(CMなどで見た)商品(サービス)情報
  • 実際の商品(サービス)パフォーマンス

この比較により、お客様の期待をどの程度満たしているかによって決まるのです。

広告に費用をかけるというのは、『お客様に自社の製品の良さを伝える為の、その技術に対する投資』なのです。

会社経営者の中で製品は一生懸命よいものを作っているのに、その良さを伝えるための宣伝広告にお金を使わないという方が多いのです。

それ以上に、もともと宣伝広告費用を使う発想がない。

みなさんも、宣伝広告にお金をかけることは大手企業のやることだと思っていませんか?

でも、実際は違うのです。

『大手だから宣伝広告費に投資しているのではなく、宣伝広告費をちゃんと投資しているからこそ大手になったのです』

ここが重要ですね。
マーケティングに加えて『露出』を大きく増やすことによって収益を得る。

こういうマーケティング戦略があります。

実際会って、人に影響を与えた話、話していた時の行為、話した事柄(たとえば商品の特徴など)は、それを映像や文章にして相手に届けても、相手がその映像・文章を見れば実際会っているのと同じような効果を発揮する。
というものです。

もう一度言います。

たとえば
営業で実際に人と会って、その人に影響を与えた話、話していた時の行為、話した事柄(たとえば商品の特徴など)を、動画化して相手に届ければ、相手がその動画を見れば実際会っているのと同じような効果を発揮する。
ということなんです。

マーケティングを行い、ちゃんと効率的に広告投資したからこそ大きくなったのです。

マーケティングなしに、いくら不確実なものに投資してもそれはまったく勝算が見えない状態ですから、大金をつぎ込むのは投資ではなく単なる博打(バクチ)になってしまいます。

初期の広告から、ちゃんとデータを蓄積してそれを踏まえた宣伝広告を展開していけばよいのです。

さらに、広告費を出さずに「人」を雇って売ろうとするのはもっとダメです。

人を雇って人件費を増やすよりも、宣伝広告費を出したほうが、はるかに確率の高い投資なのです。
なぜなら、営業マンはお客様のところに欲しいときに来てくれないし、それ以上に忙しいときに来るのです。
そしてなにより、基本的に人は買うように勧められることを嫌います。

現在は情報化社会により
『お客様はもうすでに自分で決めて買いたい』のです。

インターネット上でいろいろな情報を検索して調べまくって、自分で納得して、購入したいのです。

ホームページは宣伝広告の受け皿

いろいろな媒体で広告を打って、興味を持ったお客様すべてをホームページに集めることになります。

なぜなら、放送やその他の媒体は正確な数値を獲得できないからです。

放送の視聴率
雑誌の発行部数

どれも正確ではありません。

雑誌は『個人視聴率がわかる』などと言われましたが

その雑誌の中の自社の広告をどれだけの人が見ているか?判らないですよね?

その点、ホームページはどのページにどれだけのアクセスがあるか?正確に判るのです。

そして、このホームページ

一番、露出のコストが低く効率的です。

なぜなら、24時間365日年中無休、誰に対しても同じクオリティーで情報を提供できるから。

私は最近、調査のためショッピングチャンネルの番組を録画していたのですが、たまたま、「あっ!このCMの商品ほしいな」と思って次に放送されたら最初からじっくり見ようと思っていたのです。

ところが、そのCMが放送されない。

一週間ザッピング(チャンネルをあちこち変えること)をしても、その商品のCMを見ることができない。

一週間後
「もういらない!」と思ってしまったわけですね。

まさに、放送のCMを見ることができないから購入したいのに情報がない!!!機会損失です。

インターネットでCMの動画配信していてくれれば・・・。
ショッピングチャンネルのCMにURLを表示してくれれば、じっくり検討できたのに・・・。
そう思うのです。

今の、情報化時代は

  • ひとつの映像をあらゆる媒体で使う『ワンソース・マルチユース 』
  • いろいろな露出媒体を有効に使う『メディアミックス』

が重要になるのです。

マーケティング→宣伝広告の露出→ホームページは宣伝広告の受け皿→データ解析→マーケティング(に戻る)
このスパイラルの規模(投資の規模)を大きくしていくことが重要なのです。

WEBはオンデマンドです。見たい映像を好きなときに見ることができます。

これ、企業側に利点が多いのですよ。

インターネットの動画配信は、自社商品の映像を
24時間365日年中無休で、さらに低価格で提供できる。

コストパフォーマンスからしたら破壊的にローコストなのです。

お客様が興味を持ったときに自分自身でいつでも勝手に調べる手段があるということです。
いろいろ調べるから『ホームページの情報の質が重要!!』となりますね。
雑誌で見た商品をWEBで調べたら、さらに動画で詳しく説明されている。
雑誌では動いていることを説明できない。

これが大切です。

現在、広い範囲でパブリック(一般の公衆)に向けて、動画(映像と音声)を露出できるのは
『放送』と『インターネット動画配信』

しかないのです。

そして、放送は宣伝広告コストが高い。

さらに、放送は細かなデータが取れない。

WEBならデータ解析を得られる。

このデータ解析がマーケティングに生かされるため、重要になるのです。


マーケティングにおけるプロモーションの大切さ
 
 
footer_line
                           Copyright Atomic-pv. All rights reserved.  免責事項  特定商取引法に基づく表示
お問い合わせはこちら リンク サイトマップ