copyright atomic-pv copyright atomic-pv

パリ・ダカールラリーを観ていた
ラリーの最終日
ダカールの砂浜を走る。

「ビクトリー・ラン」

自分も砂浜を走ってみたくなった。

九十九里
どこまでも続く砂浜。
後輪をスライドさせ走る。

「え・・・?」驚いた。

砂浜に突如現れた何かの残骸。
いや、錆びついた鉄骨?。

不思議な空間に魅せられた。

copyright atomic-pv copyright atomic-pv
copyright atomic-pv copyright atomic-pv
copyright atomic-pv  
  copyright atomic-pv