copyright atomic-pv

シミエの丘の上
日曜ミサを聞きながらオリーブの林を抜け、降り注ぐ木漏れ日の中を歩いていく。
「ニースの輝く陽光は、私にとって唯一欠かせないもの」と言ったマチスの言葉を想う。
公園の開けた所に出て、思わずシャッターを切る。
光の中にたたずむ建物。
マチス美術館である。
マチス絵画の盗難事件のため、美術館内に入れなかった。
額から切り取られたと言う絵画。
残念であった。

copyright atomic-pv
copyright atomic-pv copyright atomic-pv
copyright atomic-pv copyright atomic-pv