インターネットとビデオの有効活用を目指して
株式会社Atomic-pvトップページへ
menu
menu
会社概要
映像とマーケティング
プロモーションビデオ制作
インターネット動画配信用にビデオ制作
インターネット動画配信サンプル
制作実績
メールマガジン
ブログ
コラム
赤外の大地-赤外線フィルムによる風景写真-
メンバー
ビデオショップフーガ
spacer Atomic-pv.jp

株式会社アトミックPV

お電話でのお問合わせ
TEL:03-5761-8810
電話受付時間:9時〜18時
(土曜日、日曜日、祝日を除く)

メールでのお問合わせ
otoiawase@atomic-pv.com




トップ > コラム > ビデオ製作者のノンリニア編集講座
コラム
プロから学ぶ!動画配信セミナー(動画マーケティングの習得)
売れる!『動画』セミナー(集客に効果絶大の動画撮影・編集)
売れる!動画コンサルティング
売れる!動画編集代行サービス
ビデオ製作者のノンリニア編集講座
業界標準カノープスDVStorm-RTとソニーDSR-11で納品に耐えうるビデオ映像を作ってしまおう(1)
カラーバー、波形モニター、ベクトルスコープの使い方 編
世界の放送形式には、NTSC、PAL、SECAM形式などがあります。
2003年9月現在、日本での地上波テレビ放送形式はNTSCです。
このNTSCは米国でも採用されています。
NTSCとはコンポジット・ビデオ信号です。
1本のケーブルで映像信号を送信することができるため、テレビ放送や一般的なビデオ機器などで広く利用されています。
詳しくは、(コンポジット・ビデオ信号−しんごう。Composite Video Signal)別ウィンドウで表示
ここから、技術的にちょっと乱暴な表現を致しますが、
この信号の中には
・明るさをあらわす信号(輝度信号・ルミナンス)
・色をあらわす信号(色信号・クロミナンス)
が、入っています。
昔、私が生まれる前、テレビは白黒でした。(力道山の世界です)
それがカラーになりました。(東京オリンピックの頃、私はまだ生まれていない)
ノンリニア編集をされている方だとお解りになると思いますが、モノクロとカラーではぜんぜんデータ量が違う。
白黒テレビからカラーテレビに移行するとき、ビデオ信号でも同じ問題が発生しデータ量(ビデオ信号の場合、信号の帯域)が、足りないということになりました。
そこで考え出されたのが、各色の信号を色の基準信号から
・どのくらい方向が違うか
・どのくらい大きさが違うか
という方向量(ベクトル)で各色を表現(信号化)することにしました。

・明るさをあらわす信号(輝度信号・ルミナンス)を計測するのが波形モニター
(ウェブフォームモニター)

・色をあらわす信号(色信号・クロミナンス)の方向量(ベクトル)を計測するのがベクトルスコープ
でビデオ信号を計測することになったのです。

カラーバー、波形モニター、ベクトルスコープ






(図)プロのためのビデオ取材 118ページ
編集・発行(社)日本映画テレビ技術協会
このカラーバーを「SMPTEカラーバー」といいます。
「SMPTE」とはアメリカ映画テレビ技術者協会の勧告による認定規格です。
各色の配色は図のようになり、その信号は下の計器のように表示されます。

編集スタジオでは、このカラーバーを利用して、
ビデオデッキTBC(タイムベースコレクター)を調整します。


数値の単位として(IRE)または(%)を使用します。

    確認する部分として
  • 図の各数値<グレー75IRE(%)>などが計器でその値を示しているか?
  • ベクトルスコープの各光の玉がターゲット(四角にバッテンマーク-これを「田んぼ」と呼ぶ-)に入っているか?
    です。

ノンリニア編集ソフトに付属でついている「SMPTEカラーバー」は計器で見ても問題ないと思います。
たとえば放送用ベーカムSP(SDフォーマット)で収録した場合、ほとんどすべての収録素材の始まりから約1分間ぐらいにこのカラーバーが録画されています。
これらは、撮影する前に各カメラのカラーバーを録画したものです。
これらのカラーバーは、アナログ信号ということもあり若干の誤差が発生している場合があります。
(たとえば白が102IRE、光の玉が「田んぼ」の中央からすこし外れるなど)
これらは許容範囲として扱われます。
大きく数値が違う場合、修正してください。


EDIUS計器画面

FinalCutPro4計器画面
スーパーホワイト
スーパーホワイトという用語があります。
私がVE(ビデオエンジニア)の業務を行っていた頃はなかった言葉です。
RGBによるCGやデジタルビデオにより、明るさの上限はどこまでが許容範囲か?という問題が発生します。
図はFinalCutProマニュアルの説明図で、主にFinalCutProで使われる言葉だと思います。

では、白の上限はどこまでOKなのかという問題。

私が持っている情報として(正確な情報でないかもしれません。参考情報です。)
・放送局への納品は100IREまで
・最終メディアがVHSの場合(ビデオパッケージなど)110IREを超えると問題あり。
・DVDは128IREを超えるとエラーレート修正できない
などがあります。

FinalCutProを使われている方は、FinalCutProのマニュアルも参考になります。(Volume3:173ページから「色補正」の章)

FinalCutPro4のベクトルスコープ
FinalCutPro4のベクトルスコープには肌色ラインがあります。
これはユニークと思って取り上げます。
上の写真は、FinalCutPro4マニュアルに載っている写真です。
マニュアルに載っている時点でモノクロなのですが、背景はブルーバックです。
合成用バックがブルーを多用される理由がこのベクトルスコープでよくわかります。
色信号的に反対側の信号なので抜きやすいんですね。
ベクトルスコープはこんな感じで使用します。
FinalCutProを使われている方はマニュアルが参考になります。波形モニター、ベクトルスコープの読み取り方を
詳しく説明しています。(Volume3:173ページから「色補正」の章)
テレビモニターの調整(PCのCRTではない)
ノンリニア編集をしているときに、ふと
・この料理の色悪いな?
・このロゴの色ちょっと違う?
・このテレビの色、本当にこの色?
と疑問を持つ時があります。

ここではカラーバーを使ったテレビモニターのセッティング方法をご説明します。

<業務用モニターの場合(ブルーオンリーボタンがあるモニター)>
---ブライトネスの設定---
カラーバーを表示する

赤丸の部分を注目してください。波形モニターでは下の赤丸部分。

実際ここには、3つの黒があります。(波形モニターまたは上の図)
左から-4IREの黒、セットアップの黒、4IREの黒となります。

    3つの黒のうち、
  • 一番左が見えてはいけない。
  • 中央は見える寸前の黒(見えない)。
  • 一番右4IREの黒がほんの少し見える程度。
    これが正しい明るさになります。

---コントラストの設定---
コントラストの設定は、ブライトネスの設定と同じところで
最小のコントラストにするのですが、非常にわかりずらいので
あとで通常の映像を見ながら調整します。

---ブルーオンリーボタンをONにします---
画面がブルーと黒だけになります。

(図)プロのためのビデオ取材 122ページ
編集・発行(社)日本映画テレビ技術協会

ヒュー(HUE)とクロマ(CHROMA)を調整して左図のように上下の明るさを合わせます。
調整後、ブルーオンリーボタンをOFFにします。

調整後、テレビ番組を見てみましょう。
特に、教育テレビの料理関係、ファッション関係(スタジオ収録)がお勧めだということをビクターのエンジニアに聞いたことがあります。
番組を見た感じはいかがでしょう?
女性の肌色はきれいに出ていますか?
人間の顔色が一番重要です。ちっとした調整不具合でもすぐにわかります。
ビデオの調整には肌色チャートというものがあるくらいです。


(肌色チャート。実際は当然カラーです。モノクロしかなくてすみません。)

各色の発色は?
画像のコントラストは強くないですか?
先ほど調整したカラーバーでのコントラスト調整では、わからないところがあります。
再調整してください。

これで調整終わりですが、テレビモニターにはこれが本当の色、コントラストというものがありません。
メーカーによっての色の違い、電源投入後立ち上がるまでのコントラストの変化、古くなったモニターの低コントラスト化 などいろいろな原因で画質やコントラストが変わってきますのでご注意ください。

<民生用モニターの場合(ブルーオンリーボタンがないモニター)>
上記のようにテレビ番組を見ながら
---ブライトネスの設定---
---コントラストの設定---
色の濃さ
色合い
を調整していきます。
業務用モニター以上に色の発色、コントラスト、画質など各メーカー価格によって変わってきますのでご注意ください。

最後に

このページは下記の書物、ホームページを参考に加筆、引用しております。
もっと詳しい内容を知りたい方は、下記書物、ホームページを参照してください。
・プロのためのビデオ取材 中山秀一 著 編集・発行(社)日本映画テレビ技術協会
・FinalCutPro4マニュアル
・MacDTV.com
・EDIUS初級セミナー

 
 
footer_line
                           Copyright Atomic-pv. All rights reserved.  免責事項  特定商取引法に基づく表示
お問い合わせはこちら リンク サイトマップ