インターネットとビデオの有効活用を目指して
株式会社Atomic-pvトップページへ
menu
menu
会社概要
映像とマーケティング
プロモーションビデオ制作
インターネット動画配信用にビデオ制作
インターネット動画配信サンプル
制作実績
メールマガジン
ブログ
コラム
赤外の大地-赤外線フィルムによる風景写真-
メンバー
ビデオショップフーガ
spacer Atomic-pv.jp

株式会社アトミックPV

お電話でのお問合わせ
TEL:03-5761-8810
電話受付時間:9時〜18時
(土曜日、日曜日、祝日を除く)

メールでのお問合わせ
otoiawase@atomic-pv.com




トップ > コラム > USTREAMのツボ(3):Ustream Producer Pro HD配信その他
コラム
USTREAMのツボ(3):Ustream Producer Pro HD配信その他
Ustream Producer Pro HD配信

※Macintoshでの説明が多いので、私はWindowsで説明します。

■Ustream Producerを起動。USTREAMにログインするとカメラ映像が表示されます。
起動画面
※使用カメラはHDR-HC3。HDMI端子がついているのでHDMI入力しようと試みるが失敗。Ustream ProducerのHDV Option for Windowsを使用します。
HDVは1440×1080(4:3)なので横圧縮画像になります。

■まず、入力映像のピクセル比を設定
ShowAssetManager
[メディア]から[ShowAssetManager]を選びます。

HDVピクセル比選択
[カメラデバイス]をクリックして、[DeviceAspectRatio]プルダウンメニューからHDVを選択。

■[レイアウト]から[プレビュー]を選びます。
プレビュー画面を表示

プレビュー画面が表示され、
プレビュー2画面表示
このように2画面表示になります。
※出力画面設定が4:3なので、中途半端な2画面になります。

■画面右上[Settings]アイコンをクリックして、[EncodingPreset]でHDを選びます。
エンコードプリセットの選択

[EncodingPreset]をHDにすることで、2画面とも16:9になります。
両画面16:9

■これで準備完了。あとは配信するだけです。
[放送]から、[StartBroadcasting]を選択して配信します。

クライアントPCで配信状況をチェックします。
クライアント画面


画面合成・レイヤー 他

■[レイアウト]から、[レイヤーパネル]をクリックするとレイヤーパネルが表示されます。
レイヤー構成
レイヤーパネルや画面合成などは、参考になるサイトがありますので、そちらをどうぞ。

「Ustream Producer Pro」 ファーストインプレッション【1】
「Ustream Producer Pro」 ファーストインプレッション【2】
「Ustream Producer Pro」 ファーストインプレッション【3】

※放送全体に一貫した「タイトル」や「オーディオ」をのせる場合は、「レイヤーパネル」の各レイヤーで設定します。
※「ショット」だけで使用する「タイトル」や「オーディオ」は、「ショット」をダブルクリックして「インスペクタ」画面で設定します。
※MacとWindowsでは、トランジション内の構成が違うようです。(Macのほうが細かく設定できる)

■Tipsとして・・・
[メディア]から、[Launch Desktop Presenter]をクリックすると、設定画面が表示されます。これでデスクトップ映像を「ショット」として配信できます。
ここで「Selection」プルダウンメニューを「Select Screen Region」にするとデスクトップ上の指定範囲が設定できます。
Select Screen Region

デスクトップの指定範囲は
Select Screen Region指定範囲
となり、指定範囲を調整することもできます。

Enterキーで指定範囲を決定すると
指定範囲をショットとする
指定範囲を「ショット」に、することができました。


その他情報(注意点など)
  • Ustream Producerのベースは、TelestreamのWirecast
  • Wirecastは、QuickTimeまたはDarwin Streaming Serverアーキテクチャで配信している。そのため、Ustream ProducerはMacでの扱いが有利なのか?
  • デスクトップの画像は、USTREAM Producer付属の「Desktop Presenter」を使用すると便利。USTREAM Producer Proでは、「デスクトッププレゼンター」でネットワーク上PCのデスクトップを配信できます。
  • USTREAM Producerでプレゼンテーションデータを使用する場合は、ムービー形式にしたほうが楽です。
 
 
footer_line
                           Copyright Atomic-pv. All rights reserved.  免責事項  特定商取引法に基づく表示
お問い合わせはこちら リンク サイトマップ